下妻市立高道祖小学校
下妻市高道祖 2638-1
電話: 0296-43-7575

唐猫塚

唐猫塚

昔下妻の殿様とその家来が高らいという国(今のかんこく)へわたって,とらの耳をとって持ち帰りました。そして,日本にもどってからはこの高道祖に住み,とらの耳を高道祖神社の西にうめました。そして,そこを「唐猫塚からねこづか」とよぶようになったそうです。

そして,今から約450年くらい前ごろ,とらの耳をうめたあと,このつかの近くの猫たちは,とらの霊をなぐさめるためかそれとも自分たちの楽しみのためかは分かりませんが,毎ばん夕食後の決まった時刻に,このつかの所へ集まって,さかんにお皿やお椀などをたたいて歌やおどりをやっていたそうです。

ところが,11月の夜,その近くの弥兵衛やへいさんの家の猫が集合時刻にとてもおくれて来たので,早くから集まっていた猫たちが,「こんばんはだいぶおそかったなあ。」と聞きました。

そこで弥兵衛さんの家の猫は,「いやわたしの家では仕事の都合でたいへん夕食のしたくがおくれました。そのうえ今夜は,仏様のおかゆを作って,それをわたしにもくれたので,それがとてもあつくて食べるのに時間がかかってしまいました。」といいわけをしました。

すると他の猫たちも分かってくれたので,それから他の猫たちと一緒になって歌たったりおどったりしていると,突然何者かがいたずらか遊びのつもりで土や石を投げつけたので,猫たちはあわててにげてしまいました。

そのためその後は夜になっても猫は1ぴきもよりつかなくなって,残念ながらこのつかの所で猫の歌やおどりはいっさい聞いたり見たりできなくなってしまいました。

このようなわけで不思議の一つになったそうです。